2013年08月02日

7月28日 心霊体験(現代詩)


地中に深く掘った穴に
亡骸を葬る

力なく横たわる
土をかける私の手は躊躇う

呼吸をし
自ら隣人を抱きしめるのだ

死してなお助けるとは
どういうことか
返事はない


空になった家を洗い
墓に向かえば
蟻はせっせと死体を運ぶ

むごいのではない
むごいのではない

仕方ないのではない
ありがたいのではない

小さく解かれ
どこかでまた会おうか

ただ隣人はそこにいたと
茶碗を割らずに考える
posted by 佐藤 歩 at 05:05| Comment(0) | 佐藤 歩 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。