2013年07月30日

7月23日 溶けかけた(現代詩)


太陽を飲み込んだ
今日の空に18時が迫る

通学鞄は重く
制服は風になびくこともせずに
首筋に汗が走る


果たして
夜中に書いたラブレターよりも
人造の言葉で表したい

目の前に広がらず
雄大さの欠片もない有限の色彩


すべての色を溶かした闇は
夕暮れの後に

すべての色を超越した光は
暗闇の後に 
posted by 佐藤 歩 at 15:40| Comment(0) | 佐藤 歩 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。